事業ブランディング研修 ポジショニングマップ

ブランド構築ポジショニングマップ

みなさん、こんにちは!

WEBブランドコンサルタントの齋藤です。

今日は2件のブランディング案件があり、
午前と午後で検討してきました。

どちらもとても楽しい時間でした!

そのうちの一つについて、少しお話ししようと
思います。

クライアント様からご依頼をいただき、
事業ブランディングと、その事業で実施する
サービスの企画まで行うのが今回の目的。

3.5時間×7日間のプランで計画しました。

ミッションやビジョンの確認から始まり、
3C分析、STPマーケティングを行い、
ブランドコンセプトを構築。

その後、個別サービスの企画と展開アイデアを
出していく7日間。

今日は、その5日目!
「ポジショニングと差別化領域設定」でした。

前回までに設定した、顧客対象・ペルソナが、
検討事業を見た時の競合とのポジショニングを
見える化し、ブルーオーシャンを探すステップ。

競合他社との違いを戦略的に決めて行くために
どの様な視点で差別化を図っていくことが
有効なのか、戦いやすい領域を見つけることが
目的になります。

もちろん、検討用のフレームワークを用いて、
ポイントを押さえながらファシリテーションを
していく形をとります。

そこで最も気を付けていることは、企業理念や
ミッションとずれていない事!

競合が手薄な領域があったからといって、
そこを選ぶようなことが無い様にします。

今回のクライアント様も、それらを踏まえ、
的確なポジションを見つけることができました。

次回はいよいよブランドアイデンティティを
構築するステップとなりますが、事業の成功に
つながる様に、進めていきたいと思います。

研修などのお問い合わせ

お問い合わせはこちら!