ブランド体験のポイント

ブランド体験

みなさん、こんにちは!

WEBブランドコンサルタントの齋藤です。

消費者や顧客の心の中に、記憶の蓄積として
ブランドイメージが出来上がる。

ブランドイメージは、直接コントロール
できないので、刺激を与え続ける形で、
ブランドイメージをコントロールする。

刺激には、「ブランド体験」と「ブランド要素」の
2種類あって、この組み合わせを使って、
効果的に刺激を設計することが重要です。

では、なぜ「ブランド体験」なのか?

それは、顧客や消費者の「記憶」に蓄積させる
ため、「短期記憶」でなく、「長期記憶」の領域で
記憶してもらうため。

短期記憶では、エビングハウスの忘却曲線が
示すように、24時間で74%も忘れて
しまいます。

五感を使った体験で刺激を行うと、伝えたい
ブランドアイデンティティと周辺のことが
連想・連結して記憶に残りやすくなります。

という事は、ブランド体験も、できる限り五感を
フルに使って感じてもらえるように、さらに、
どの様にしたら長期記憶として残してもらえる
様にできるかなど、内容も最適化することが
重要になってきます。

「ブランド体験」は、「意図的」、「一貫性」、
「継続性」という、3つのポイントをおさえて、
設計することが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブランド戦略入門コース
このコースは、ブランド戦略の概略の知識と、
自社ブランドの足りないところを見つける
ことを目的とした入門コースです。

・日時 2017年5月12日(金)13:30~17:30
・(有)アクセル事務所
・講師 齋藤秀峰シニアトレーナー
詳細はこちら

初級ブランディング講座ベーシックコース
第7回富山開催決定!!
このコースは、ブランドとは何か?という
基礎的なところから、ブランドを構築する
ステップとその方法を学べる講座で、(一財)
ブランドマネージャー認定協会の2級資格を
取得できる、解りやすいと人気の講座です。
商品企画担当者、必見!!

・日時 2017年6月10日(土)・11日(日)
(両日とも10:00~18:00))
・(有)アクセル事務所
・講師 齋藤秀峰シニアトレーナー
詳細はこちら

研修などのお問い合わせ

お問い合わせはこちら!