Googleリスティング広告「コンバージョンタグ」の設定

更新日:2020/05/29

Googleリスティング広告は一度設定しただけでうまくいくことはあり得ません。
必ず改善が必要になります。
広告文やキーワードの選定に重要なのが費用対効果です。
クリック率は広告をクリックする確率で大切ではあります。
でもサイトにたどり着いたユーザーが商品購入まで進まなかったら広告費用が意味に無いものになります。
費用対効果を重視するのであれば、「コンバージョン率」で判断すべきです。
その計測に必要なものが「コンバージョンタグ」です。
その設定についてお伝えしていきます。

コンバージョンアクションの作成

まずは、Google広告でコンバージョンアクションの作成を行います。

  • 1)Google広告の管理画面へログインしたら、フッター右上にある「ツールと設定」をクリックします。
  • 2)右から2番目の「測定」下にある、「コンバージョン」をクリックします。
  • 3)左上に表示されている青い新規追加ボタンをクリックします。
  • 4)コンバージョンの種類を選択します。
    今回はネットショップなので、「ウェブサイト」をクリックします。
  • 5)測定するコンバージョンアクションのカテゴリを選択します。
    タブをクリックすると、一覧が表示されます。

今回はネットショップでの購入を目標にするため、販売カテゴリから「購入」を選択します。

  • 6)コンバージョン名を設定します。わかりやすい名前を入力してください。
  • 7)コンバージョンの値を入力します。
    商品が購入された際に、こちらに入力した価値が記録されます。
  • 8)上記の5~7の項目の設定ができたら、ページ下部の「作成して続行」をクリックします。

続いて、タグの設定に移ります。

グローバルサイトタグの設定

コンバージョン測定のために、グローバルサイトタグをサイトに実装します。

  • 1)タグの設定方法を選択します。今回は自分で追加する方法で進めます。
  • 2)グローバルサイトタグが表示されます。こちらのタグをコピーしておきます。
  • 3)タグを実装するサイトの「header.php」ファイルを開きます。
    ※「WordPressデータのバックアップを手動で行う方法」を参照しながら、リモート側の全てのファイルをローカルへ取得しておきましょう。
    ファイルの場所は、「wp-content」>「themes」>「welcart-basic_carina」(テーマ名)>header.phpです。
  • 4)header.phpの〈head〉~〈/head〉の間に、2でコピーしたタグを貼り付けて、ファイルを保存します。

イベントスニペットの設定

グローバルサイトタグの次に、イベントスニペットを実装します。
イベントスニペットはグローバルサイトタグと連携して、コンバージョンとなるページのアクセスを分析し、カウントします。
今回は「商品の購入」を目標としていますので、カートの最終ページ(購入完了ページ)にスニペットを追加します。

※※ はじめに ※※
親テーマにある「wc_completion_page.php」を
子テーマにダウンロードしてから作業します
  • 1)FFFTPを使い、リモート側の全てのファイルをローカルへ取得しておきます。
  • 2)ローカルの「wp-content」>「themes」>「welcart_basic-carina」(テーマ名)>「wc_templates」のフォルダ内に、「cart」という名前のフォルダを新規で作成します。
  • 3)FFFTPに接続して、
    【ローカル側】2で作成したローカルのcartフォルダを開いておきます。
    【リモート側】「wp-content」>「themes」>「welcart_basic」(親テーマ)>「wc_templates」>「cart」のフォルダ内にある「wc_completion_page.php」を選択します。

  • 4)画面左上にあるダウンロードボタン(青い下矢印)をクリックします。
  • 5)これで、ローカルの「cart」フォルダに「wc_completion_page.php」ファイルをダウンロードできました。

※ ダウンロードが必要な理由 ※

親テーマ内にあるphpを書き換えしてしまうと、WordPressテーマの更新により書き換えた情報が初期状態に戻ってしまいます。
子テーマ内のphpは書き換えをしてもテーマ更新の影響は受けないので、一度埋め込んだスニペットをそのまま維持するためには、子テーマ内でのphp書き換えが必要になります。
今回ダウンロードした「wc_completion_page.php」は、親テーマ内にしか存在しないphpファイルのため、一度子テーマへダウンロードする手順が必要になります。

wc_completion_page.phpのダウンロードが完了したら、スニペットを実装します。

  • 1)Google広告コンバージョンアクセスの設定中の画面から、
    グローバルサイトタグの下に表示されているイベントスニペットをコピーしておきます。
  • 2)先ほどダウンロードしたwc_completion_page.phpを開きます。
  • 3)ページ下部へ移動し、最後の行「」の上部に、
    1でコピーしておいたイベントスニペットを挿入して、ファイルを保存します。
  • 4)FFFTPに接続して、ローカル・リモート共に
    「wp-content」>「themes」>「welcart_basic-carina」>「wc_templates」フォルダを開きます。

  • 5)ローカル側の「cart」フォルダを選択し、左上の青い上矢印をクリックしてアップロードします。
  • 6)リモート側に「cart」フォルダがアップされれば完了です。