小田和正100年インタビュー

小田和正さんとパーソナルブランド

みなさん、こんにちは!

WEBブランドコンサルタントの齋藤です。

僕は、37年前から小田和正さんの音楽を
好きで聴いてきた。

今日の21:00から、
「100年インタビュー 時は待ってくれない
「アーティスト 小田和正」 」
の面白そうな番組。

聴き手は、小田さんの30年来のファンという、
NHK阿部アナウンサー。

阿部アナウンサーが緊張している姿!
でも、本当にファンだったら、ああなっちゃうん
だろうなぁ~~~!(笑)

小田さんは、学生時代にコーラスデュオ、
オフコースとしてデビュー。

ファンが増えるとともに、5人のバンドになり、
10日間武道館ライブのタイミングで、
一緒に始めた鈴木さんが退団。

その数年後にソロとして活動。

CMソングを作ったり、映画を制作してみたり。
活動の範囲も広げていった。

色んな紆余曲折があったとのことでしたが、
印象的な言葉として、正確ではないでしょうが、
「決して売れようとはしなかった」
「自分が良いと思う音楽を追求した」
「音楽をしていることが楽しかった」
「一人ではつまらない」
「人と人が繋がるから面白い」
「時は待ってくれない」
「でも、信じて突き進んでいる人にだけ、
時は待ってくれる!」
こんなことだったと思う。

まさにブランド作りと同じだなぁと!

自分のエリアを決め、そこを徹底的に追及し、
太い繋がりが生まれ拡がり継続する。

録画したので、もう一回見ようと思う!(笑)

関連記事

  1. 八幡屋蟻五郎店舗内2

    うまくいっている事業にはブランディングがある

  2. 南京千両入口

    ブランド体験 富山市「南京千両」

  3. スイーツ店ブランド体験

    始めて行ったスイーツ店でのブランド体験

  4. ブランド体験 とある中華料理店

    ブランド体験 とある中華料理店

  5. ブランド体験 砺波市「タベタリーテ」