南京千両入口

ブランド体験 富山市「南京千両」

みなさん、こんにちは!

WEBブランドコンサルタントの齋藤です。

かなりのラーメン好きな私ですが、45年位
食べ続けているのが、「南京千両」。

小学3年生の頃、蓄膿症を治すため、
当時、清水町にあった「種耳鼻咽喉科」に
通っていた。

その近くあったのが、「南京千両」で、
毎月食べていたことを思い出す。

ラーメンは、とろみのある豚骨で、縮れた
中太麺、カリカリに揚げた背脂とメンマ、
海苔が標準。

僕は、焼豚ワンタンメンをいつも頂くの
ですが、ワンタンのトロミと餡も絶品です。

南京千両焼豚ワンタンメン

この南京千両は、昭和21年、久留米で
屋台から始めたそうで、数年後に富山市
清水町に開業。
久留米ラーメン清陽軒HPより。

はっきりとは言えませんが、僕の感覚で、
45年間味は変わっていない。

お店の匂いも、以前のまま。
人によっては臭いって言うくらいかも
知れませんが、常連の僕にとっては、
この匂いの中で食べるから更においしいと
感じる。

長期間続いている飲食店は、店の匂いも
ブランド要素なのだろう。

入口の暖簾、朱色のカウンター・・・。
まさに、「一貫性」「意図的」「継続性」の
3拍子が出来上がっている。

あまり愛想のない挨拶も、確実にブランド
イメージになってしまっている。

客に媚びない、仕事は丁寧、一杯の
ラーメンで勝負する姿勢をいつも感じる。

関連記事

  1. スイーツ店ブランド体験

    始めて行ったスイーツ店でのブランド体験

  2. 小田和正100年インタビュー

    小田和正さんとパーソナルブランド

  3. ブランド体験 とある中華料理店

    ブランド体験 とある中華料理店

  4. 八幡屋蟻五郎店舗内2

    うまくいっている事業にはブランディングがある

  5. ブランド体験 砺波市「タベタリーテ」