スイーツ店ブランド体験

始めて行ったスイーツ店でのブランド体験

みなさん、こんにちは!

WEBブランドコンサルタントの齋藤です。

先日、ホワイトディのプレゼントを買うのに、
以前から行ってみたかったお店を訪問。

Google Mapで検索し、店の近くまで辿り着いた
のだけれど、見当たらない。

しゃれた雰囲気のお店があって、ここかなって
半信半疑でパーキングに駐車する。

よく見ると、ロードサインがあったのだけれど、
読めないロゴマークが書かれているだけで、
お店の名前が分からない。

駐車場の奥に看板があって、店名を見つけ、
ここであっていることを確認。

入り口のドアは、とても大きくて重く、素敵な
カラー、高級感が伝わってくる。

おそるおそる開けると、明るくて清潔感が溢れ、
広々とした店内にゆったりとした商品陳列が
目に飛び込んでくる。

「素敵な商品を手に入れられそう!」

とっさに判断できる。

陳列された商品を、じっくり時間をかけて吟味。
贈り先のことを思い浮かべながら、
「商品の種類、賞味期限、パッケージデザイン、
カラー・・・。」

気に入った商品が見つかって、レジで精算。
店員さんの動きを見ながら、あまり邪魔に
ならない様にレジに向かう。

ホワイトディで忙しかったのか、笑顔が
引きつった感じに見えましたが、無難な
接客をして頂きました。

入れてもらったバッグにロゴマークが表示
されていましたが、ロードサインの読めない
ものと違い、整ったアルファベット。

これが看板に書かれていれば、躊躇しなくて
済んだのに!(笑)
店内からは、伝えたいイメージは、直感的に
解っていい感じでしたが、新規客は少し
困るかなって思う。

もう一つあったらいいなって思ったことは、
感動ポイントかな?
接客の中で、そんなことが工夫されていると、
もっと良いのになんて思いました。

関連記事

  1. 小田和正100年インタビュー

    小田和正さんとパーソナルブランド

  2. ブランド体験 とある中華料理店

    ブランド体験 とある中華料理店

  3. 南京千両入口

    ブランド体験 富山市「南京千両」

  4. ブランド体験 砺波市「タベタリーテ」

  5. 八幡屋蟻五郎店舗内2

    うまくいっている事業にはブランディングがある