ブランド体験 とある中華料理店

ブランド体験 とある中華料理店

先日、午前中に企業研修を終え、ランチへ!

あまり行き慣れていない場所。
そこでの楽しみは、初めて入るお店。

研修場所からほど近い所に、
グーグルマップさんの評価の高い
お店を見つけ、入ってみる。

12:00前だというのに、かなり混んでいて、
駐車場も空いているところは1台のみ。

店内に入ると、ほぼ満席状態。
テーブル席が運よく空いていて、
手際よく通された。

古い建物だが、明るい店内。
スタッフの元気な声も後押ししている。

テーブルに着き、メニューを見ると、
何と豊富な事か!
迷ってなかなか選べない。

ブランド体験 とある中華料理店メニュー

メニューが豊富なのは、選べる楽しさがあり、
それはそれでうれしいのだが、
ここまで多いと、少し苦しいかも。

そんなことを思いながら、結局定番の
ラーメンチャーハンセットを注文。

ところが、なかなか運ばれてこない。
それはそうだろう!
あれだけメニューが多いと、厨房内は
大変なことになっているはず。
よほど手馴れていても、ミスが起こると
予想される。

そこそこ待った感じで、ようやく運ばれてくる。
ミスはなく、熟練度の高さを感じた。

ラーメンもチャーハンもおいしい!!

食べていると隣のテーブル席が空き、
おばちゃんスタッフが片付けに来たついでに
僕たちに声をかける。

多分、僕たちを見て初来店客と判断しての
ことだろうと思った。

教育されての事なのか、たまたまなのかは
解らないけれど、とても気持ちがいい。

改善点はあるものの、微妙なバランスで
成り立っていて、後発店はなかなか
真似できないかもと感じた。

関連記事

  1. スイーツ店ブランド体験

    始めて行ったスイーツ店でのブランド体験

  2. 八幡屋蟻五郎店舗内2

    うまくいっている事業にはブランディングがある

  3. 南京千両入口

    ブランド体験 富山市「南京千両」

  4. 小田和正100年インタビュー

    小田和正さんとパーソナルブランド

  5. ブランド体験 砺波市「タベタリーテ」