食器

自社だからこその経営理念

先日、訪問コンサルティングを
させて頂いた鋳物メーカーさんでのこと。

デザイナーさんに依頼して食器のデザインを
起こし、鋳物で商品を作ったのだが、
全く売れなくて困っていると。

デザイン自体はなるほどと思えるような
ものでしたが、
お刺身を乗せても合うし、
フレンチでもいけるんですが・・・。
と、料理を乗せた写真を見せて頂きました。

販売価格はかなり高額。
鋳物なので割れにくい特徴を持っていて、
社長さんは気に入っているご様子でした。

まず感じたのは、商品コンセプトが
明確になっていない。
お客様が誰なのか、
どんな使い方をするのかが決まっていない。

更に、経営理念をお聞きしたところ、
先日、別のコンサルタントと一緒に
作ったばかりですと、
棚からファイルを持ってきて、
見せて頂きましたが、
食器メーカーであれば、どこの企業でも
目指すであろう言葉が長々と書かれていて、
独自性が打ち出せていない。

こんなこと、意外と多いんです。

競合がひしめく中、商品開発にあたって
考えなくてはいけないこと。
お客様を人格単位まで絞り込み、
そのお客様がこの商品しかない!と
思ってもらえるものを作らないと
だれも買ってくれないんです。

まずは、お客様を含めて
商品コンセプトを明確にし、
他社との違いを打ち出すこと。
できれば経営理念の再構築を行い、
社長の熱い思いを込めた、
独自性のあるものにしたいところ。

経営理念次第で、社員もやる気を持って
取組みだすきっかけにできます。

そして、お客様がぜひ欲しい!と
言って頂けるような伝え方をする。

上手く行っている競合は、
既にそれが出来ています。
後発メーカーは、それを超える
取り組みが必要です。

関連記事

  1. 植木鉢

    下請けからの脱却に必要なもの