EC業界相関図(抜粋)

ネットショップとWordPress

みなさんの中には、ネットで商品販売を
されている方もいらっしゃるかと思います。

楽天などのモールですか?
それとも、独自ドメインショップでしょうか?

独自ドメインショップにしても、
ショッピングカートによって使い勝手も違えば、
売上も経費も違ってきます。

一概にどんな形が良いとは言い難いですが、
私なりにいくつかの基準で選択しています。

ネットショップ構築の基準

これまで、色んなネットショップを構築したり、
コンサルティングを行った中で、
現時点(2018年3月)での基準です。

  1. 顧客へのアプローチが容易であること
  2. 顧客データが守れること
  3. PCサイトとスマホサイトが一括で容易に
    更新できること
  4. アクセス解析データが柔軟に見られること
  5. 支払方法が豊富なこと
  6. カートの決済画面のデザインに違和感が
    ないことと使いやすいこと
  7. コンテンツページを増やしやすいこと

簡単に書くと、顧客が使いやすいサイトを
構築しやすく、その検証が容易であり、
顧客への連絡が取りやすいことになります。

弊社でも、ウエディング小物のショップを
持っています。
リングピロー手作りキット/ルシエルブリレ

LeCielBrille PCサイト

以前は、Yahoo!モールに出店したり、
独自ドメインショップでショップサーブの
サービスを使っていたのですが、
先ほどの基準で、上手くいかないことが多く、
昨年の7月に完全にリニューアルしました。

今は、WordPressをベースに、Welcartを
採用してショップを構築しています。

満足度は85%。
合格点ですね!!(笑)

お客様をファンにする!

実店舗でも、ネットショップでも、
同じことですが、一度買って頂いたお客様を
いかに常連客、ファン客にしていくかが
経営の中心であると考えます。
みなさんも同じご意見でしょうか?

マーケティング用語では、
「顧客生涯価値」という言い方をしますが、
新規客を増やす時に、プロモーションなど
広告に経費が掛かります。

この費用を、一回の購買でまかなおうと
すると、採算が合わないことが度々。

リスティング広告は、入札がベースなので、
競合と広告単価を競い合うことになります。

ライバルの広告単価を見て、よくこんな
高い金額を出せるものだと思ったことは
ありませんか?

実は、顧客生涯価値をベースに広告費を
考えて、その広告費でも採算が合うと
判断している可能性があります。

いわゆるリピート購入とリピート率。

ファン客の育成

このリピート購入に対する取り組みこそ、
顧客を常連客やファン客にする
取り組みと同系。

それを目的としてネットでよく使われるのが、
メルマガです。

コストも考えて、とても効果的なツールで、
今でもそれなりの効果があります。
実店舗であれば、LINE@やアプリも
プッシュ型のコミュニケーションです。

ただ、そのツールをどの様に使っているかが
問題で、単にリピート購入を促すために
使うこともできれば、顧客心理段階を設定して、
リピート客・常連客・ファン客と
一段ずつ上ってもらう様に使うことも
できたりします。

この辺りは、次回以降で書いていきますが、
プッシュ型のコミュニケーションを取りやすい
ショップでないと、リピート率を
高める事が難しく、新規客の集客に
影響が出てくるということなんです。

楽天やアマゾンは、メルアドの取得が
できません。

それをふまえた役割で使うのであれば
良いかと思います。

※画像はECのミカタより引用

関連記事

  1. Google Analytics全体傾向

    アクセス解析も簡単に設置できるWordPress

  2. ファン客

    ファンを増やしたい!・・・あなたのファンとは?