ファン客

ファンを増やしたい!・・・あなたのファンとは?

前回のブログ
ネットショップとWordPress
でも書きました。

ネットショップ構築の基準は、
「顧客が使いやすく安心できるサイトを
構築しやすく、その検証が容易であり、
顧客への連絡が取りやすいこと。」

これって、ファン客を増やす!
言い換えると、継続的に利益を確保する!
という事です。

飛躍しすぎですか?
私はそう思いません。
ファン客を増やすだけで、継続的に
利益を確保できるとは思いませんが、
重要な必要条件だと確信しています。

共感される方も多いのでは?(期待を込めて)

ではお聞きします。

ファン客とはどんな人?

この質問をされて、即座に答えられる人は
ファン客を明確に捉えて経営されて
いる方です。

何回もリピートしてくれる「常連客」とは
ちょっと違います。

  • お店が近くにあり便利だから
  • 他店に比べ、安く買えるから
  • 駐車場が広く、停めやすいから
  • お願いすれば都合よく動いてくれるから

もしかしたら、こんな理由で常連客に
なっているのかもしれません。

行列客

もう一度お聞きします。
あなたの会社やお店のファン客とは、
いったいどんな人なんでしょうか?

経営には目的があります。
経営理念もそうだろうし、ミッションや
ブランドコンセプトも目的に入ります。

その経営の目的に共感してくれる人が
ファン客です。

志を同じにする人!「同志!」
ってことになりますね!

経営の目的の基準

ファンが「同志」という事は、
「顧客の心に響く明確な目的」
が必要という事!

同志

基準は、「信頼」「尊敬」「異質化」
でしょうか?
まだまだあるかもしれませんが、
今の時点で、私に見えているのは
こんなところ。

この基準に叶っていない経営目的では、
ファン客を作れないんです。

ファン客どころか、社内の意志統一を
はかることですら難しいと思います。

この目的を果たすために経営をしています。
事務所や机などの事務機、商品やサービス、
店舗や看板や立地、社員と接客は、
目的を果たす為にあるんです。

もちろん、ネットショップやウェブも
その一つ。

目的を達成する為に、ネットショップには
どんな役割を担って頂きますか?

関連記事

  1. Google Analytics全体傾向

    アクセス解析も簡単に設置できるWordPress

  2. EC業界相関図(抜粋)

    ネットショップとWordPress