ネットショップ

同一商品でも戦略が違うとこんなに違う!

みなさん、こんにちは!

ウェブブランドコンサルタントの齋藤です。

今日は珈琲豆専門店の調査をしていて
気付いたことがあります。

Ⓐショップは、楽天市場、Amazon、
Yahoo!ショップ、ポンパレモール、
Wowma!、dショッピング、
そして自社ネットショップと、
ありとあらゆる形態で出店している。

一方、もう一つのⒷショップは、
自社ネットショップだけで出店し、
卸しもしている。

どちらも、かなりの売上を持っていて
年商20億円、主力商品は珈琲豆。

同じ主力商品だし、ネットショップで
販売もしているけど、全てのモールに
出店しているところもあれば、
そうでないところもある。

もう少し詳しく調べてみると、
Ⓐショップは、セールやお得感を
前面に出した訴求で、メルマガで
リピート購入を促進している。

Ⓑショップは、ブラジルの生産者を
選択して直接仕入れをしていたり、
業務用の卸をしていて、利益率は
高くないものの、安定収入がある。

ネットショップにおいても定期購入を
促進していて、リピート客を定着させ、
収益を上げる戦略と思われる。

知名度は、色んなショップを
出店しているⒶショップに軍配は
上がるのでしょうが、長期安定性で
考えると、Ⓑショップが俄然有利と
判断できる。

なぜなら、一人の新規客を獲得する
集客に多くの費用がかかるので、
リピート購入によってようやく利益が
出せる様になるからです。

ビジネスは、目先の売上よりも、
長期安定性を重視すべきなのですが、
Ⓐショップが定期購入していないのは
なぜなんでしょうか?

推測すると、モールの売上が高くなり、
その売上を確保するための施策に追われ、
定期購入に手が回っていない、
そんな感じがします。

ネット通販市場は、まだまだ伸びて
いるので、売上を追いかけられますが、
そろそろ利益中心で考えないと
難しい時代になってきています。

あなたの商品はどのようにしたら、
定期購入してもらえるでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットショップビジネス無料相談
ネットショップビジネスに関することなら
何でもご相談ください!
このリンクからお申し込みください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドって何?」基礎から学べる!
ブランディング入門セミナー 富山会場
2019/6/5 (水)  PM1:30 ~ PM4:00
富山県民共生センター サンフォルテ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドって何?」基礎から学べる!
ブランディング入門セミナー 金沢会場
2019/7/3 (水)   PM1:30 ~ PM4:00
ITビジネスプラザ武蔵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 商品購入

    ニーズを極めればビジネスは成功する!

  2. スーパーマーケット

    ネットショップもスーパーマーケットと同じ

  3. マーケティングリサーチ

    マーケティングリサーチを有効に使う場面

  4. 釣り方

    まだモノを売って商売している人へ!

  5. 商品企画

    商品開発の前に商品企画をするメリット

  6. ネットショップ世紀塾

    ワインを通信講座にして定期購入商品に!

  7. ハンドメイド作品

    同じものが作れない作品をネットショップで販売するアイデア

  8. 消費者の欲求

    ビジネスは顧客ニーズの満足と言うけれど・・・