商品企画

商品開発の前に商品企画をするメリット

みなさん、こんにちは!

ウェブブランドコンサルタントの齋藤です。

今日は、とある企業のネットショップ
コンサルに行ってきました。

そのショップは、商品の仕入販売を行う
総合通販を行っているのですが、
価格比較されやすいネット上の販売に
苦労されています。

コンサルとして参画する前は、大量の
商品を採用し、大量に商品登録すれば
売上が上がって利益も出るだろう。

こんな考え方で、事業運営をされて
いましたが、なかなか売上があがらず、
コンサルの導入に踏み切られました。

ここまで8ヶ月の間、ショップコンセプトの
確立から、トップページや商品画像、
バナーなど見せ方を変えたりしてきました。

ネットショップに限らないのでしょうが、
ビジネスでは出口に近いところから改善を
行うことが効果を生みやすいという鉄則が
あります。

ネットショップにおいては、その様な
事を考えると、商品ページが大きなカギを
握るのですが、ここ数ヶ月は商品ページを
徹底的に改善を図っています。

数日前に新たに改善に取り組む商品ページで
「ん?なんじゃこりゃ?」
って疑問だらけで、とてもアドバイスに困る
カンプが出来上がってきました。

商品を買う人も、用途もシーンも
価格から考えると全く浮かんできません。

商品の内容も、説明にとても困る様な
組合せになっていて、
「こりゃぁ、メーカーさんの商品企画の
段階でうまくいっていないね!」
ってお伝えすると。

「実はこの商品自体はメーカーで組合せた
ものではなく、自社オリジナルで
組合せたもの」とのこと。

商品の内容と価格だけで適当に組合せた
もので、お客様や用途とかシーンを
全く考えない、商品企画をしないで
作ったものと判明。

それでは的を得たキャッチコピーも
作れないし、説明にも困る様な商品に
なってしまいますよね。

小さな企業で、新商品を作る時に、
商品企画と商品開発を明確に分けて
されているところは、開発期間の
関係もあり多くないのかもしれません。

芸術作品であれば、必要ないかも
しれませんが、お客様に買って頂く
商品の場合は、どんな人が、
どんなことに不満や懸念や願望を
持っていて、それにどの様に応える
商品なのかの企画を先ず行う必要が
あります。

そしてその後に、商品開発をする方が、
結局のところ販売しやすく、売上も
上げやすいものになるのです。

あなたの商品は、商品企画と商品開発を
分けてらっしゃいますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットショップビジネス無料相談
ネットショップビジネスに関することなら
何でもご相談ください!
このリンクからお申し込みください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドって何?」基礎から学べる!
ブランディング入門セミナー 富山会場
2019/6/5 (水)  PM1:30 ~ PM4:00
富山県民共生センター サンフォルテ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドって何?」基礎から学べる!
ブランディング入門セミナー 金沢会場
2019/7/3 (水)   PM1:30 ~ PM4:00
ITビジネスプラザ武蔵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. ネットショップ

    同一商品でも戦略が違うとこんなに違う!

  2. 商品ラインナップ

    商品ラインナップを増やすポイントとは?

  3. 釣り方

    まだモノを売って商売している人へ!

  4. ハンドメイド作品

    同じものが作れない作品をネットショップで販売するアイデア

  5. スーパーマーケット

    ネットショップもスーパーマーケットと同じ

  6. 欲求を叶える

    人の欲求を叶えることが事業の土台