消費者の欲求

ビジネスは顧客ニーズの満足と言うけれど・・・

みなさん、こんにちは!

ウェブブランドコンサルタントの齋藤です。

かなり久しぶりのブログ投稿です。
使い方を忘れないうちにってことで、
重い腰を上げました。(笑)

ここ最近、リピーター定着と商品開発を
深く検討していました。

あまりに奥が深くって、埋もれない様に
バタバタともがいていたんです。(笑)

タイトルに書いた様に、
「ビジネスは顧客ニーズの満足」

ほとんどのビジネスはそうなってるのですが
なのに売れない商品と売れる商品があるし、
売れてもすぐに売れなくなる商品もあれば、
継続的に売れ続ける商品もある。

なぜなんでしょうね?

僕はネットショップを中心に支援を
行っていますが、ネットであろうが
実店舗であろうが、顧客との接点が違うだけ。
ビジネスには変わりはありません。

ビジネスの目指すところは、
「継続した収益の向上」です。

なので、僕の守備範囲は、ネットショップの
改善だけではなく、ネットショップビジネス
全体を対象にしています。

クライアント様の状況によって
様々な課題がありますが、ここ最近は、
商品企画開発を深掘りしていました。

商品企画開発を検討しようとすると、
同時に考えなくてはいけないのが顧客です。

なぜって、顧客のニーズに応える一つが
商品だからなんです。
そこで疑問が浮かんだんですが・・・。

顧客のニーズには様々あって、
どんなニーズでも良いのかってこと。
どのように考えればうまくいくのでしょう。

例えば心理学的に有名なところでは
「マズローの欲求5段階説」ってのもあれば
「選択理論心理学の基本的欲求」もあります。

上記の欲求は、先天的に持って生まれた
欲求のことで、ビジネスで使う欲求とは
違う感じがします。

それで色々調べていくと、これかなってのが
ありました。

梅澤伸嘉先生の「顧客ニーズの深層構造」
顧客ニーズを3層構造で考えています。

  1. 状態・存在ニーズ(Beニーズ)
  2. 行為・生活ニーズ(Doニーズ)
  3. 対象・所有ニーズ(Haveニーズ)

消費者ニーズの深層にBeニーズがあって、
「基本的に幸せになりたい」などという
人間が誰しも持っている普遍的な
欲求らしいのですが、
その欲求を満たすためにDoニーズという
「こうしたい」が発生し、
更に「欲しい」というHaveニーズが
発生するというもの。

顧客のニーズを書き出しましょう!って
書かれたものを見ると、Beニーズもあれば
DoニーズもHaveニーズもあります。

詳しくは梅澤先生の書籍を見て頂くとして、
商品企画開発でフォーカスするニーズは、
Doニーズなんです。
それも充足できていないDoニーズ。

ここを起点に商品を企画していく事が
とても重要になると理解しました。

あなたのお客様が、
「こうしたいけど今一つ!」ってニーズは
どんなことですか?
そこを充足する商品になっていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットショップビジネス無料相談
ネットショップビジネスに関することなら
何でもご相談ください!
このリンクからお申し込みください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドって何?」基礎から学べる!
ブランディング入門セミナー 富山会場
2019/12/4 (水)   PM1:30 ~ PM4:00
富山県民共生センター サンフォルテ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドって何?」基礎から学べる!
ブランディング入門セミナー 金沢会場
2020/1/10 (金)  PM1:30 ~ PM4:00
ITビジネスプラザ武蔵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. ハンドメイド作品

    同じものが作れない作品をネットショップで販売するアイデア

  2. ネットショップ

    同一商品でも戦略が違うとこんなに違う!

  3. 欲求を叶える

    人の欲求を叶えることが事業の土台

  4. 商品ブランド

    商品ブランディングで最重要視すべきこと

  5. 商品購入

    ニーズを極めればビジネスは成功する!

  6. 商品企画

    商品開発の前に商品企画をするメリット

  7. ネットショップ世紀塾

    ワインを通信講座にして定期購入商品に!

  8. マーケティングリサーチ

    マーケティングリサーチを有効に使う場面