XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法

更新日:2020/07/14
WordPressのインストール

契約したXSERVERに、WordPressをインストールします。

  • 1)XSERVERのサーバーパネルにログインします。
    左下の「設定対象ドメイン」が、WordPressを設定したいドメインを選択しているか確認してください。
  • 2)「WordPress簡単インストール」をクリックします。
XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法
  • 3)「WordPressのインストール」タブに切り替えます。
    「サイトURL」「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を設定し、「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れて、「インストール」ボタンをクリックします。
XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法

※ サイトURLについて
こちらにフォルダ名を入力すると、フォルダの中にWordPressがインストールされます。
フォルダの作成は任意ですが、セキュリティの観点からドメインの直下ではなく、フォルダの中にインストールをすることを推奨しています。
フォルダ名に決まりはありませんが、「wp-●●●●(サイト名等)」がおすすめです。

  • 4)「WordPress のインストールを完了しました。」と画面に表示されたら、インストール完了です。
    WordPressへログインするために必要なIDやパスワード、MySQL情報が表示されますので、忘れないように控えておいてください。
    「インストール済みWordPressの一覧」タブに戻って、設定対象ドメインに表示されているか確認してください。表示されていれば完了です。
WordPressの管理画面へログイン

設定が完了したら、WordPressへログインすることができます。
ログインアドレスは「 https://独自ドメイン/フォルダ名/wp-admin 」です。
"独自ドメイン"部分はご契約いただいたドメインに、"フォルダ名"は「① WordPressのインストール」の「サイトURL」で入力したフォルダ名に置き換えて、ブラウザで開いてください。

XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法

WordPressインストール時に設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法

「ダッシュボード」が開いたら、ログイン完了です。

サイトアドレスの設定

WordPressインストール後のURLは、WordPressのインストール時に設定したサイトURL(http://独自ドメイン/フォルダ名)になっています。 このままの状態だと「http://独自ドメイン」でのサイト表示ができないため、設定の変更が必要になります。

  • 1)管理画面のレフトナビの「設定」→「一般」をクリックします。
XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法
  • 2)「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の設定を変更します。
XSERVER X10プランにWordPressを設定する方法

●WordPressアドレス … WordPressをインストールしたURL
httpの後に「s」を入力します。
「 http://独自ドメイン/フォルダ名 」 → 「 https://独自ドメイン/フォルダ名 」

●サイトアドレス … サイトへアクセスするためのURL
httpの後に「s」を入力し、フォルダ名を削除します。
「 http://独自ドメイン/フォルダ名 」 → 「 https://独自ドメイン

入力が完了したら、ページ下部の「変更を保存」をクリックします。

サイトアドレスは変更しましたが、このままだと「https://独自ドメイン」へアクセスしてもエラーページが表示されます。 「https://独自ドメイン」でページを表示させるために、続けてWordPressデータの編集を行います。

  • 3)FFFTPでローカルへダウンロードした「index.php」ファイルを編集します。
※ ファイル編集の前に・・・
まずは「FFFTPの取得とXSERVERとの接続方法・ファイルの転送方法」をご参照の上、FFFTPのインストールと設定を行ってください。
その後「WordPressデータのバックアップを手動で行う方法」をご参照の上、WordPressデータをダウンロードしてください。

「index.php」ファイルをメモ帳等で開きます。

赤線の部分に「(サイトURLで設定したフォルダ名)/」を入力して、ファイルを保存します。

  • 4)サイトURLで設定したフォルダと同じ階層に、先程編集した「index.php」と「.htaccess」の2つのファイルをアップロードします。
    ダウンロードしたフォルダとは別の場所へのアップロードする形になる(上書きにはなりません)ので注意してください。
    「.htaccess」ファイルに編集は不要です。ダウンロードされたものをそのままアップロードしてください。

アップロードができると、右側のリモートフォルダへ反映されます。

  • 5)「https://独自ドメイン」でアクセスをして、ページが表示されれば完了です。