Welcart関連
Welcartのカートボタン周辺に
情報を入れる
この記事は13分で読めます
難易度:

効果的なネットショップにとって、商品ページの内容はとても重要です。
Welcart/Carinaを縦長商品ページにする理由もここにあります。

売上が上がる商品ページは、価値を先に伝え、その後価格を伝えるでしたね?
ここではもう一つ、カートボタンまわりで伝えると効果的なものがあります。
カートボタンを押す時の気がかりを解消することです。
●送料はいくらなんだろう?
●いつ届くのかな?
●返品などの条件は?
●一緒に買っておくと都合がいいものはないのかな?

こんなことをカートまわりで伝えることも効果的になります。

Welcart/Carinaでは、カートまわりに情報を挿入する機能がありません。
それには、プラグインを入れたりファイルを少し修正する必要があります。

プラグインとして、「Advanced Custom Fields」を導入する方法。
それを商品ページのカートまわりに表示する方法。
これらについて解説していきます。

ここではWelcartの子テーマ「Welcart Carina」をインストール・有効化・設定を行っていることを前提に、カートボタン周辺のカスタマイズについてご説明しています。設定がまだの方は、まずは下記ページを参照しながらテーマのインストール・有効化を行ってください。

また、先に商品登録を済ませてからカスタマイズをする方が、商品ページを確認することができるためおすすめです。まだ商品登録を済ませていない方は、まずは下記ページを参照しながら商品登録を行ってください。

このコンテンツを読んでできること
  • カートボタン周辺に入れる情報わかり実際に表示できる
  • Advanced Custom Fieldsを使ってカスタムフィールドを作成することができる
  • WelcartでAdvanced Custom Fieldsを機能させることができる
このコンテンツを書いた人
齋藤秀峰
ネット通販ビジネス
トータルアドバイザー齋藤秀峰SAITO SHUHO

2009年に自社ブランドのネットショップをオープン。2017年にWordPressのWelcartへショップを移転。その経験を元に、多くのネットショップをWelcartにて新規構築。現在もWelcartの運営を行いながら、日々研究を繰り返しています。

カートボタン周辺に入れる情報について

まずは、カートボタン周辺にどんな情報を入れたらいいかを考えましょう。
「Welcart Carina」テーマを使用した商品ページのカートボタン周辺は、下記のような表示が通常です。商品名と価格、在庫状況と、必要最低限の情報が表示されています。

通常のカートボタンエリア
通常のカートボタンエリア

この表示でもカートへ入れる際には問題ありませんが、自分がお客様の目線に立って考えてみましょう。他に知りたい情報がここに書かれていれば、より購買意欲を高めることができます。
お客様が知りたい情報として、イマジンでは下記の内容を表示することをおすすめします。

①配送の料金
②発送までの目安日数
③一緒に購入をおすすめする商品のバナー
④返品や規約等のページへのリンク など

Welcartでは通常、カートボタン周辺に情報を入れるエリアはないため、自分で作成して表示させる必要があります。その表示方法までをこれからご説明します。
手順通りに進めていけば、下記の例のように情報を盛り込んだカートボタンエリアを表示することができます。

カスタマイズ後のカートボタンエリア
カスタマイズ後のカートボタンエリア例

Advanced Custom Fieldsのインストール

カートボタン周辺に情報を表示するために、まずは情報を入力するためのフィールドを作成しなければいけません。
その入力フィールドを作成するために、イマジンでは「Advanced Custom Fields」というプラグインの導入をおすすめしています。こちらのプラグインをWordPressへインストール後、有効化してください。

Advanced Custom Fields

商品ページのカートボタン前後に説明文を入れたいなど、ページのカスタマイズに使用するおすすめプラグインです。

Advanced Custom Fields

プラグインのインストール方法については、下記ページにてくわしくご説明しています。

プラグインを有効化すると、WordPress管理画面レフトナビに「カスタムフィールド」というメニューが表示されます。このメニューが「Advanced Custom Fields」となります。

Advanced Custom Fieldsのメニュー

Advanced Custom Fieldsでフィールドを作成する

カートボタン周辺に表示するための入力フィールドを作成します。

1フィールドグループ新規追加画面を開く

WordPress管理画面レフトナビ「カスタムフィールド」から、「新規追加」をクリックして新規追加画面を開きます。

フィールドグループ新規追加画面を開く

フィールドグループ新規追加画面を開く

2フィールドグループのタイトルを入力する

フィールドグループのタイトルを入力します。
今回はカートボタン周辺への入力フィールドを追加するので、「カートボタン周辺」とタイトルを入力します。

フィールドグループのタイトルを入力する

3フィールドの内容を入力する

「フィールドを追加」のボタンをクリックすると、フィールドの内容を設定するエリアが表示されますので、必要事項を入力・設定します。

フィールドの内容を入力する

フィールドの内容を入力する

設定する項目は様々ありますが、下記①~③の項目の設定でフィールドを使用することができます。

①フィールドラベル

編集画面で表示する入力フィールドの名前を入力します。日本語でわかりやすい名前を入力しましょう。
入力例)カートボタン上のエリア

②フィールド名

このフィールドを表示する際にPHPファイルへ記載する名前を入力します。日本語でも入力は可能ですが、PHPファイルへ記載することを考えて英数字で入力しましょう。
「_(アンダースコア)」と「-(ダッシュ)」記号が使用可能です。
入力例)cart-top

③フィールドタイプ

入力フィールドのタイプを選択します。
入力欄を作成するフィールドタイプとして「テキスト」「テキストエリア」「Wysiwygエディタ」と種類がありますが、今回は「Wysiwygエディタ」を選択してください。
「Wysiwygエディタ」とはビジュアルエディタが使えるテキストエリアで、画像挿入や文字の装飾などを容易に行うことができます。

フィールドの内容を入力する

4フィールドを使用する条件を設定する

どの編集画面でフィールドを使用するかの「ルール(条件)」を設定します。デフォルトでは下記のような状態になってます。

フィールドを使用する条件を設定する

これは「”投稿タイプ”が”投稿”の場合にフィールドを表示する」という内容のルールになります。「投稿」でのみ使用できるため、固定ページでは使用できません。

商品編集ページにフィールドを表示するには

今回はカートボタン周辺のフィールドを作成しているため、商品の編集画面にフィールドを出します。ただ、Welcartで作成する商品ページは「投稿」と同分類になっているため、上記の「”投稿タイプ”が”投稿”の場合にフィールドを表示する」設定でもOKです。
但し、商品編集画面にしか必要ではないフィールドが、通常の投稿編集画面にも表示されてしまいます。それを避けたい方は、下記のような設定をおすすめします。

商品編集ページにフィールドを表示するには

これは「”投稿カテゴリー”が”商品”の場合にフィールドを表示する」という内容のルールになります。これで「商品カテゴリーに分類する商品編集画面」のみにフィールドを表示することができます。

上記のルールの場合、「新規商品追加」で真っ新な状態だと、まだ「商品」カテゴリーに分類されていない状態になるため、登録したフィールドは表示されません。必要事項を入力して商品登録をするとフィールドが表示するという仕組みであることに注意をしてください。

5フィールドを公開する

上記2~4の入力・設定が完了したら、ページ右上にある「公開」ボタンをクリックします。

フィールドを公開する

クリックすると公開され、「公開」ボタンの表記が「更新」表記に変わります。

フィールドを公開する

これでフィールドの作成が完了しました。
後にフィールドの内容を編集した場合は、「更新」をクリックして内容を変更します。

Advanced Custom FieldsをWelcartに機能させる

フィールドを作成して公開すると、ルールに当てはまる編集ページでフィールドを使用することができるようになります。
しかし、通常の状態ではWelcartの商品編集ページでAdvanced Custom Fieldsを使用することができません。使用するためにはパッチプラグインのPHPファイルをアップロードして、読み込ませるために「functions.php」への記述をする必要があります。
手順は下記の通りです。

1専用のPHPファイルをダウンロードする

Advanced Custom Fieldsで作成したフィールドをWelcartの商品編集画面で使用するためのパッチプラグイン「wcex_afc_patch.zip」を、Welcart公式サイトよりダウンロードします。

専用のPHPファイルをダウンロードする
引用:Welcart「Advanced Custom Fields PRO を Welcart で使えるようにするためのパッチ」記事

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、「wcex_afc_patch.php」という名前のPHPファイルが入っています。こちらのファイルを使用します。

2PHPファイルをサーバーへアップロードする

ダウンロードして解凍した「wcex_afc_patch.php」ファイルを、サーバー上のテーマフォルダ内へアップロードします。アップロード方法は下記の2つです。

1.Xserverからアップロードする

Xserverへログインし、サーバーの「ファイル管理」から「ファイルマネージャ」を開き、PHPファイルをアップロードする方法です。

Xserverマイページのトップページ画面
Xserverマイページのトップページ画面
引用:Xserver

ドメイン名のフォルダからpublic_html > wp-content > themes > welcart_basic-carinaまで辿り、テーマフォルダを開きます。テーマフォルダを開いたらメニューの「アップロード」をクリックして、フォルダのアップロード画面を開きます。

Xserverのファイルマネージャ画面
Xserverのファイルマネージャ画面
引用:Xserver

ダウンロードした「wcex_afc_patch.php」ファイルをローカルから選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

Xserverのファイルマネージャ画面
Xserverのファイルマネージャアップロード画面
引用:Xserver

これでwcex_afc_patch.phpファイルのアップロードが完了です。

2.FFFTPを使用してアップロードする

FFFTPを使用してサーバーへアクセスして、PHPファイルをアップロードする方法です。

FFFTPの接続画面
FFFTPの接続画面

FFFTPへの接続方法や詳しい使い方などは、下記のページで詳しくご説明しています。

wp-content > themes > welcart_basic-carinaまで辿り、テーマフォルダを開きます。テーマフォルダを開いたら、ダウンロードした「wcex_afc_patch.php」ファイルをローカルから選択し、「アップロード」ボタンをクリックします。

FFFTPを使用してアップロードする

これでwcex_afc_patch.phpファイルのアップロードが完了です。

3PHPファイルの読み込みを記述する

「wcex_afc_patch.php」ファイルをアップロードしたテーマフォルダ内にある「functions.php」ファイルを開きます。
ファイルまでのルートは
wp-content > themes > welcart_basic-carina > functions.phpとなります。

PHPファイルの編集方法

PHPファイルを編集する方法を3つ、下記のページにて詳しくご説明しています。ご自身に合わせた方法を選択してください。

今回「functions.php」を編集しますが、上記ページの「2.WordPress管理画面から編集する」方法は更新内容を上書きしてしまうためおすすめしません。「functions.php」は記述を少しでも間違えると、ページにエラーが起き、画面が真っ白になります。そのため、バックアップを残しての編集をおすすめします。

「functions.php」ファイルをを開いたら、一番下に下記を記述します。

/***********************************************************
* Advanced Custom Fields用のパッチ
***********************************************************/
require(get_theme_file_path(‘/wcex_afc_patch.php’));

記述後のfunctions.php
記述後のfunctions.php

記述ができたら、内容を保存(ファイルをアップロード等)します。

4商品編集画面を確認する

これでAdvanced Custom Fieldsで作成したフィールドをWelcartの商品編集画面で使用することができるようになりました。
商品編集画面を開いて、表示があるかを確認してください。

商品編集画面を確認する

Advanced Custom Fieldsを商品ページに表示させる

商品編集画面でフィールドを使用できるようにしたら、最後は商品ページへ表示させるカスタマイズを行います。
まずは表示したかどうかをわかりやすくするために、先程作成した「カートボタン上のエリア」フィールドに文章を入力して、ページを「更新」しておきます。

カートボタン上のエリアにテキストを挿入

更新する

フィールドに入力した内容を表示させるためには、商品ページを構成している「wc_item_single.php」(SKUセレクトを使用している場合は「wc_sku_select.php」)への記述が必要です。

記述するPHPファイルは、縦長商品ページへのカスタマイズと同様のファイルになります。詳しくは下記のページをご参照ください。

記述する内容と記述箇所は下記の通りです。

1記述する商品ページのPHPファイルを開く

フィールドを表示するための記述をPHPファイルへ行います。通常の商品ページであれば「wc_item_single.php」を、SKUセレクトを使用している場合は「wc_sku_select.php」を開きます。
PHPファイルの編集方法は、functions.php記述時と同様の方法で構いません。

2記述する箇所へ移動する

今回は、下記のカートボタンの上の赤枠部分へフィールドに入力した内容を表示するためのカスタマイズを行います。

カスタマイズ前のカートボタン周辺
カスタマイズ前のカートボタン周辺

「wc_item_single.php」の場合は70行目に、「wc_sku_select.php」の場合は60行目に記述を行います。(以降はwc_item_single.phpの画面でご説明します)

wc_item_single.phpの画面
wc_item_single.phpの画面

3表示のためのコードを記述する

Advanced Custom Fieldsを表示するためのコードを記述します。下記のコードをコピーして貼り付けしてください。

<?php the_field( ‘cart-top‘ ); ?>

「cart-top」の箇所は、上記「③Advanced Custom Fieldsでフィールドを作成する」で入力した「②フィールド名」を記述しています。ご自身で設定したフィールド名を入力してください。

表示のためのコードを記述する

表示のためのコードを記述する

記述ができたら、内容を保存(ファイルをアップロード等)します。

4商品ページで表示を確認する

記述を保存したら、実際の商品ページで表示を確認します。
先程フィールドへ入力して保存した内容が、赤枠の部分に表示していれば完了です。

カスタマイズ後のカートボタン周辺
カスタマイズ後のカートボタン周辺

フィールドに入力した内容は、プレビューの状態では表示されません。「更新」をクリックして内容を保存してから表示を確認してください。

カートボタンの下に表示するには

上記では、カートボタンの上にフィールドを表示させる方法をご説明しました。カートボタンの下にフィールドを表示させたい場合は、下記をご参照ください。
「cart-bottom」というフィールド名を別に作成した場合)

「wc_item_single.php」の場合

141行目から改行し、142行目にコードを記述をしてください。

「wc_item_single.php」の場合

「wc_sku_select.php」の場合

125行目から改行し、126行目にコードを記述をしてください。

「wc_sku_select.php」の場合

記述を保存したら、実際の商品ページで表示を確認します。赤枠の部分に表示していれば完了です。

カスタマイズ後のカートボタン周辺
カスタマイズ後のカートボタン周辺